Minami Laboratory

student work 2009

今年の南ゼミの卒業制作です。

プロダクト 2点

建築空間  2点

自動車?  1点


美濃和紙を活かした照明のデザイン 千田亜沙子 Asako Chida
c0226072_18484578.jpg

c0226072_18505888.jpg

c0226072_1851813.jpg

c0226072_18511793.jpg




子育てから考える収納のデザイン 江口倫子 Michiko Eguchi
c0226072_18515562.jpg

c0226072_18524331.jpg

c0226072_18525028.jpg

c0226072_1853119.jpg




子供のための図書館のデザイン 近藤茉莉 Mari Kondo
c0226072_18534630.jpg

c0226072_18535573.jpg

c0226072_1854453.jpg

c0226072_1854157.jpg

c0226072_18542273.jpg




安らかな葬送のための斎場システムの提案 福永修子 Shuko Fukunaga
c0226072_18551474.jpg

c0226072_1855710.jpg

c0226072_18552464.jpg

c0226072_18553536.jpg




モービル酒場の可能性 谷口和泉 Izumi Taniguchi
c0226072_18564156.jpg

c0226072_18565442.jpg

c0226072_1857281.jpg

c0226072_18571038.jpg

[PR]
# by masahiro-minami | 2010-02-08 19:00 | education

spoon&tamago

c0226072_12134719.jpg


江口さんの卒制作品をspoon & tamagoに取り上げていただきました。

うちの娘の後ろ姿も、海外デビューです。

編集者のジョニーさんは時々、私のブログ(Design note)を見て勝手に取り上げてくれます☆

載せてくれるってわかってたらもっとちゃんと掲載したのに。。。

c0226072_12275056.jpg


この収納は、上が机と椅子に分離する優れものです。

c0226072_1228442.jpg


うちの子供に見せたら、遊ぶ遊ぶ。

c0226072_12281524.jpg


引き出しは、冷蔵庫、ガスコンロ、電子レンジをモチーフにしてます。

鍵を使わないとあかない引き出しもあります!(娘は使わずあけちゃったけど。。。)

天板には、ガスレンジ、まな板とシンクとしても使える工夫があります。




卒制の作品も、学内で終わるんじゃなくて、いろんなところへ発信しなければいけません。

評価なんて水ものですから。その場の流れでいかようにでもなってしまいます。

胸を張れる良い物なんだから、このままお蔵入りするにはもったいないです。

こうやって、海外ブログに載って、何も「ない」とは思いますが、、、

ひょっとしたら、何かあるかもしれません。

何もしなければ何も起こりません。
[PR]
# by masahiro-minami | 2010-02-03 12:21 | education

講評会

卒制の講評会と合否判定会義が終わりました。

毎年、一年で、最も嫌な日です。。。

この日はこの学科の行く末を最高に不安に思ってしまう

そして、自分自身の将来を不安に思ってしまう一日であります。




JAL再建は京セラ、KDDIの稲森さんがされるそうで、

78歳にしてそれだけのことをできる力にはすごい勇気をもらいます。

稲森さんならきっとやってくれます。

そう誰からも思われる稲森さんはすごいです。




昔、稲森さんの「生き方」という本を読みました。

でも、忘れました。。。

人間には「忘れる」という素晴らしい能力があります。

また、読みます。
[PR]
# by masahiro-minami | 2010-02-02 19:33 | education

提出

卒制提出終わりました。

私もいろいろ疲労困憊。。。
[PR]
# by masahiro-minami | 2010-01-29 19:39 | education

抜き打ちテスト

卒制は明日が締め切りでバタバタ。もう11時だ。。。



今年の学年は、締め切り前夜だというのになんだか焦りを感じてない雰囲気。

四回生の部屋もいつもと変わらん穏やかな雰囲気。

印刷したのをパネルに貼って切るだけで3時間かけてるし、、、

みんな作業に無駄が多い。

それを無駄と思っていない感じ。

限られた時間の中で、自分の仕事を完璧でなく、妥協もいれながら、

いかに総合的にもっとも効率的に高めるか。そういう視点が抜けている。

凝るのはいいが、出来なければ意味がないでしょ。

これがゆとり世代というものか。。。






今日は担当の一回生の基礎設計製図で抜き打ちテストをした。

ここ最近、2,3回生の図面があまりにひどいからだ。

c0226072_2301948.jpg


問題は、こんな2分で出来る超簡単すぎて失礼かと思う問題。

なのに、30分かかってまだ出来ないと、一生懸命やっている。。。

どうやったら30分かけれるのか不思議。

なのに、一問ですら完全な正解者はゼロ。

全員採点不能。

わけのわからん解答のオンパレード。

ひどすぎる。。。

いままであれだけ、時間をかけて苦しんで苦しんで製図の課題をやっておいて、

この程度の問題も解けない現実。。。

課題をこなすことしか、考えが行っていないからだ。

図面を書く事への興味の欠落だろうか。

詰め込み教育のせいだろうか。。。

かっこいい図面に憧れて、良い図面を自分から書こうと思っている学生がホントいない。

図面をみればわかる。

自分が今、やっている事をどう将来活かすか。

そんなことをまったく考えないで受動的にやらされてやっているからだと思う。

いかに楽して課題をするか。

図面を入れないと怒られるからとりあえず書かれる図面。




本当に考えさせられる今日の抜き打ちテスト。

本当にショッキングである。

教員側も、身に付いてないことを「教えた」とは言えない時代。

これから、頻繁に抜き打ちテストをしようかな。

問題つくるの大変だけど。




やる事山積みでちょっとまいる。。。
[PR]
# by masahiro-minami | 2010-01-28 23:12 | education