Minami Laboratory

アイデア

アイデアをどうやって考えるのか。

そのことについて多くの学生は考えているし、悩んでいる。

悩んだ結果、良いアイデアがでなくて、

良いアイデアを持って来れなくて、

ポンチ絵にもなってないポンチ絵で、

グダグダで時間の無駄なプレゼンをしてくれる☆




建築設計より、プロダクト、グラフィックデザインのほうがアイデアに重きがあるように思う。

実はそうではないのだろうが、勝手にそういう判断を各自でしてしまっている。

勉強の初期段階では、建築のような諸条件の厳しい問題のほうが簡単なのである。

イタリアのようにみんなが建築を最初にやるのは正解かもしれないと思う。

結果として言いたいのは、そういった諸条件は建築では与えられることが多いが、

プロダクトでは、諸条件を自分で発見していかないといけないという事だ。

そのこと自体がすでにアイデアなのである。

それだけ思考に幅を持たせて提案の幅を広げてほしいという願いもある。

しかし、それが、かえって厄介なのであるようだ。

かといって、この特定の技術を活用したデザインを考えなさい。なんていうのはかなりつまらない課題になりかねないので難しい。




今年の4回ゼミは建築やる人、プロダクトやる人が半々だ。

建築のほうが指導が容易い。これは毎年感じる。

出来た物を見ると、プロダクトの方が簡単にできるように見えてしまうのだ。

外注して簡単にできたように見えてしまう。

完成度が高ければ高いほど冷めて見えてしまう。

建築には模型である逃げがふわふわと輪郭にあるし、

アンビルトのパワーが表現として現れやすい。

プロダクトは追求するベクトルがリアルだからだろうか。

プロダクトはどこで着地させるかに細心の注意がいる。

深く感銘を与えるプロダクトというのは本当に難しいと思う。




でも、それは根本的には私がプロダクトの教育を何も受けていないから、かもしれない。

と、いいながら、建築だって全然わかっていないんだけど。。。



でも、そんな両輪でまわせている事の意義は、とても大きいと自分では思う。
[PR]
# by masahiro-minami | 2009-11-20 23:50 | life

石膏

エッグドロップも終わって、

明日は、新しい課題をやります。

石膏の塊を削る。

この、削る前のただの80x80x150mmの石膏のなんとも良い表情。

c0226072_1738421.jpg


これに負けない、削るだけの価値のあるものを作って欲しいなぁ。

気持ちを込めて削る。

一生懸命やってると愛着が出てきます。

課題が終わって捨てちゃうようなものは作らないでほしい。

当たり前のことだけど。



追記。

「速度」を造形表現しなさい。と言ったのですが、

なんと具象表現が多い事か。。。
[PR]
# by masahiro-minami | 2009-11-19 17:42 | education

coffee maker

c0226072_16474247.jpg


無印で買った旧型コーヒーメーカーです。

現品限りで定価の半額くらいでした。

デザインはサム・ヘクトだったと思います。

コーヒーメーカーというものを生まれて初めて買ったかも。

ドリッパーで入れるより熱く、濃く抽出できるのはやはり良いです。
(ポットの温度の問題なのですが。。。)

横にある、コーヒーミルもリサイクルショップでめちゃ安く買いました。




本当は、Rowentaのジャスパーモリソンデザインのものが欲しかったのですが、

c0226072_1793157.jpg


3万円近くする上に、ためらっているうちに生産終了になりました。

それに比べたら買った物は、10分の1以下の値段です。

それにしても、これだけ素晴らしいデザインのものは売れ行きも悪くはないと勝手に想像します。

あるレビューではコーヒーも素晴らしい出来あがりだそうです。

どうして生産中止にするのでしょうかね。

値段が高くて売れないのでしょうかね?

これ以上のデザインは考えられないくらい、完璧なデザインだと思います。

私なんかは現物を前にうっとりしてしまいます。

良い製品でも、デザイン家電はこういう宿命を常に負っていますね。

スーパーデザイナーに頼むデザイン料もとても高いでしょうに。

性能が劇的に変化するプロダクトならまだしも、

コーヒーメーカーがそんなに進化していくとは考えにくいですけどね。
[PR]
# by masahiro-minami | 2009-11-14 17:03 | life

13日の金曜日は誕生日

11月13日は31歳の誕生日でした。

c0226072_169448.jpg


ゼミ生に、プレゼントもらいました。

なにやら凝った容れ物は紙製で前から知ってましたけど、自分では買えなかった一品です。

なかなかやるな。

c0226072_1695577.jpg


中には芋焼酎「小川の干し芋」

なにやら、干し芋で作った芋焼酎らしいです。

水割りに合う焼酎は?と聞いたら出てきたらしい。

水割りをよく飲んでるのがバレてました。





そんな誕生日に自分で自分に何を買おうかと、

思いたってシャツを買いました。

四番町スクエアにあるcommunさんです。

1万3000円のシャツなんか生まれて初めて買ったかも。

その場で作っている、作り手の思いの入ったシャツですから。そのくらいするでしょう。

大量生産ではない、大手メーカーでない、こういった細々ながらも、

確実なものづくりしている個人にお金を使わないといけないなぁと思っているのです。

その方が、社会が良くなるのです。

値段を叩いて安く買うということは、回り回って、自分にも返って来るのです。
[PR]
# by masahiro-minami | 2009-11-14 16:28 | life

egg drop contest 2009

今年もやりました。egg drop

4回目くらいになりマンネリ化してきた気がしましたが、

今年は、なかなか新しい発想で取り組まれた作品が多く、面白かったです。

ゆとり世代パワーは発想という側面では強いかもしれないです。

こんなやり方があったか。と思うような斬新な案がいくつもありました。

しかし、そんな中、オーソドックスでは語れない完成度の高さと、造形レベルの高さと、落下時の美しい回転とゆったりとした下降を見せてくれた案がグランプリとなりました。

トータルバランスの高さは際だっていました。

c0226072_1637368.jpg


c0226072_16374651.jpg


恒例のゆで卵。

c0226072_16375523.jpg


うまい。
[PR]
# by masahiro-minami | 2009-11-13 16:45 | education