Minami Laboratory

<   2010年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

プリンタを買いなさいという力説

課題の締め切り当日とか前日、よくこういう学生が来ます。

今日も来ました。

「学部情報室のプリンタが動きません」

しらんわ。という話です。




学生は、大学の古いA3プリンタに頼りきりです。

インク代もかからなくてそれはいいと思っているのだろうし、

調子悪いプリンタと一日格闘しているのです。

インクを補充してくれる事務員もいないお盆のこんな日に。

それで、課題締め切りに間に合いませんと。いつもこうです。

今回の締め切りだって、学生都合で決めているのにこれです。




再三、プリンタは買いましょうと私は言っているのです。

自分の管理下でないプリンタで理想の色が出せるわけないですし、

そんな無駄な格闘で一日潰している時間があったらバイトで8000円稼げるのです。

そして、学校のだからインク代がタダというのが一番問題なのです。

タダだから良いという思考が大きな間違いです。

お金を払うから良い物が作れるのです。

インクや紙を無駄にしないでおこうと思うから、ミスはないかデータを入念にチェックするのです。

失敗すれば悔しいから、次回に反省が生きるのです。

タダだからダメなんであって、いつまでも成長できないのです。

今はロール紙を外しましたが昔は、A1サイズでA3を刷って余白は捨ててるヒドい学生がごっつたくさんいました。。。思考停止もいい所です。

本も同じ。借りても読めますが、買わないと身に付かないのです。

本気でデザインをやる気があればそうあって当然です。




お金が無いとみんな言いながら、3万のプリンタをケチりながら、

みんないい服を着て、携帯電話を持ち、良い時計をして、良い自転車に乗って、車を持っているのです。



うちは芸大に比べたら授業料は1/4です。

四年で800万円の差が芸大とは出るわけです。

プリンタの1台とアドビのCSアカデミックくらい買っても、あとのおつりでレクサスが買えます。

c0226072_1846487.jpg





というわけで、良い作品を作りたかったら、プリンタを絶対に買いなさいという話なのです。

というわけで、

私のゼミにはA3プリンタを持っていない人は入れないなぁ。
[PR]
by masahiro-minami | 2010-08-12 18:38 | education