Minami Laboratory

<   2010年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

色の帯 色の円

c0226072_1420537.jpg
c0226072_1421399.jpg
c0226072_14211242.jpg
c0226072_14212183.jpg
c0226072_14223458.jpg


今日は「色の帯 色の円」 という色彩構成の課題をしました。

年々、学生自身に客観性が無くなっているように思います。

四枚やっているのに全部同じようなものを作ってくるとか。

同じ色ばかり使うとか。

自分はこういうものが作りたいと我が強いんだけれど、

もっと、自分も知らなかったような色に出会って、

自分も想像もしなかったようなものになるというのがほとんどなかったですね。

計算するんだけど、考えない。という感じでしょうか。

つまり、描く前から計算していて、出来るものが想像出来ていて、

想像の飛躍が小さいから、出来たものもつまらない。

描く前から、見えちゃってるのに描く必要ないでしょ。

という、深み、奥行きのないのっぺりした、単純な作品が多かったです。

これで人をあっと言わせたいみたいな気概を感じる作品がほとんどなかったのは、残念であります。

この程度でいいや。という雰囲気が出てました。

たかが色の帯、されど色の帯。



自分でも、モニャモニャしたはっきりとはつかめないイメージを、

ちょっとずつ掴んでいって形にして欲しいなというふうに思いました。

言われたことはやれるのでしょうけど、自分で考えてやるということは苦手のようです。

来週も心配だな。
[PR]
by masahiro-minami | 2010-04-30 14:39 | education

テープドローイング2

c0226072_14135413.jpg


なんなのかよくわからなかったようですので、フロントとリアをおまけに。

サイドビューがカッコいいです。



これは、弟がメルセデスのインターンで仕上げてきたテープドローイングです。

1/4スケールで結構大きくて迫力あります。

メルセデスの、アイデンティティをいかに残しながら

新しい車をデザインするかというところでかなり苦心したようです。

最近は、後ろが落ち込んでいる形状が流行のようで、そういったラインを取り入れたと言っていました。

車のデザインはこういったドローイングから始まるんですね。
[PR]
by masahiro-minami | 2010-04-30 14:16 | product

テープドローイング

c0226072_1712433.jpg

[PR]
by masahiro-minami | 2010-04-27 17:01 | product

就職活動

昨年も今年も就職活動は厳しい状況が続いている。

特に、デザイン系だからというのも大きい。




そんな中、昨日、就職が決まったと卒業生から連絡があった。

彼女は、3月の卒業生で、4月中に決めると、なんの根拠もないのに言っていた。

「内定が決まったら飲みにいきますから!」 と前の飲み会を断ったあの子だ。

いわゆる自信家タイプであるが、本当に決めるからすごい。




就職の当てもないのに、シェアハウスに住みたいという所からはじまって、ひつじ不動産というところで、東京の部屋を見ていたらしい。

いつも空きがないのに、たまたま好きそうな部屋に空きがあって、連絡したら内覧にきてくれとのこと。

そのシェアハウスのリフォームをやっている会社は、大関商品研究所というところだけど、自分たちで物件を見つけて、店舗設計、施工、プロデュースまでやっているらしい。

スタッフは社長と大工の2人で。自分たちの無理のない範囲でやっているらしい。

HPを見ると、居酒屋の内装も多くなかなか面白そうだ。

少人数というのも最高だ。





そんで見に行ったついでに、就職をしたいと希望し、何を将来したいのかと聞かれ、

「モービル酒場をしたい!」と力説!

「できるよ!」と言われ、内定。

すごいノリ。。。



本当に、彼女がズバリはまりそうな会社だなとサイトをみて思った。

まさに、ここしかないと言う感じ。

若い社長とも話がかなり盛り上がったらしい(笑)




とはいっても、彼女にどんな仕事があるのか考えるから、会社やお店のことを知ってもらう意味でも、とりあえず、居酒屋でアルバイトかららしいけど。

でも、将来「モービル酒場」やるんだから、そらノウハウは必要だ(笑)




なんか、彼女のようなやり方は、本当に今の時代を切る正しい解答だと思う。

リクナビとかで、何十万という中から選ばれて、その選択が本当に会社を、社会を良くするのだろうか?

誰も得をしない仕組み。得をするのはリクルートだけ。

そんな仕組みの歯車の一部にさせられ、これが社会だと脅迫され、学生は本当にかわいそうだ。

そんな、就活を続けて、大学の研究の時間は奪われ続けて、それで何も結果が出ない学生も多い。

彼女も、一年前はいわゆるリクナビシュウカツを続けて全敗したのだから。

就活に時間を割かないで、卒業制作に時間をかけて、誰に見せても恥ずかしくない物を作って、

それを持って、こうやって就職につなげる。これがプロセスとしては最高だな。

小さい企業だったらこの方が絶対にいいし、小さい企業こそこれから面白くするしかないし。




そうは言っても誰にでもできることではないし、いろいろなタイミングもあるだろうし、

リクナビでしか行けない企業もたくさんあるのも事実。

でも、そういう方法もあるよ、と学生は知るべきだろうな。



まぁ、就活した事ない我輩が言うのもなんであるけど。。。
[PR]
by masahiro-minami | 2010-04-22 11:40 | education

時代

先日、建築学科との交流会的飲み会が学生企画でありまして、行って来たのです。

で、そういう私はその呼ばれた方の、建築学科出身で、

今は生活デザイン学科に雇われの身という、

まさに、ハイブリッドデザイナーなわけであります。

13年、この大学におるわけですから、歴史の生き証人的なところもあるわけです。




そういう今の学生と話していて、思ったのは、視野が狭いというか、良い作品というものの範囲が狭いのではないか。

私が学生のころは、様々な方向性がまだまだあったような気がするのです。

学年には四天王といわれるメンバーがおりまして、みなさんそれぞれ違った特徴・個性を持って、

設計という戦いを戦っていたような気がします。

それは競演というようにも思える一つの楽しみであったのです。

でも、今は、目指している方向がごく狭い範囲でしかない。

その狭い領域で他を出し抜くことを考える訳ですが、そんなのは難しい。

そもそも、そこから何か違うような気がします。

インターネットの発達が大きく影響していると思います。

手描きの衰退も同じように大きく影響していると思います。

人間というものはそれぞれかなり違うはずですが、いかにも誰がやっても同じような設計になっている気がします。

それは、解答をトレースすることに執着して、解答をクリエイトすることから離れてしまっているように思います。




私のゼミではあるコンペで毎年賞を頂いてますが、毎年新しい違った事をすることに注力しています。

そんなのもコツをつかんでいるからだと簡単に言って片付けられそうな所でありますが、

コツといえば、常に新しいことを提案しようとし続けてるのが何よりコツでしょう。

毎年、自分でも知らない自分に出会う、そんなわけです。




一般的なゼミでは先生の色に学生を染めるのでしょうが、私は反対であります。

私一人では到底到達できないような世界に、学生に連れて行ってもらいます。

でも、学生一人でも到達できないものです。

私が全部やってるんではないかというくだらん噂もしているそうですが、

私一人でもこれは全く、ダメなのです。



学生はほっておくと普通な方へ一般的な方へ、行ってしまいます。

それを引っ張って引っ張って、跳躍力を上げて、

軌道修正の繰り返しです。

そもそも、根本的にうちの学科の学生は勉強しないということに着目しました。

デザイナーに興味もないし名前も知らないという致命的なところ。

デザインというより、オタク志向が強いところなど、いろいろ問題はあります。

そのネガティブなファクターを大きなメリットに変換したと言えます。

置かれている環境や人物の状況を観察したのです。

そうしたら、ここでしか出せない特徴が見えて来た。

そんな風に、思っています。

まぁ、私が思うに、私は専門家ではないから、できるんだと思います。

変な学生が来ても、こいつはわかってないからダメだ。

とは考えません。

むしろ、この変なキャラをどう活かしてどう新しい世界を見ようか。

そう考えているのです。

こんなのはデザインではない。。。という強み。

そう、私の良さは、キャパシティの大きさだと思います。

どんなボールでもヒットにするという感覚。

普通は諦めてしまうような、設備も何もない環境で青色LEDは生まれたわけですから、

無理なことは何もないのです。




私は、学生時代は意味の無いことにこそ全ての力を注ぐべきだと思います。

意味ないエネルギーに満ちたもので人を感動させるのです。

そういった、意味の無いところにエネルギーを集中させて爆発させれたら、

その後も、その大きな波紋は広がり続けるのではないでしょうか。

「元気玉です」(笑)

型破れ!青年たちよ。




バックミンスター・フラーはこう言いました。

「重要なのは、撃ち落とせないほどに、素早く行動することだ!」と。
[PR]
by masahiro-minami | 2010-04-22 00:01 | education

シンボルマーク

昨日は、シンボルマークの講評。

自分をシンボルマークで表現せよという一年生最初の課題。

去年までシンボルマークというものがどういうものか考えないでやって来る学生が多かったので、

今回は、誰もが知っている大企業のマークをトレースして来るようにというのを付けたした。

企業のマークデザインには莫大な時間が試行錯誤に使われているだろうから、

その辺りから詳細な所についての感度を上げて欲しかったのだ。

企業のマークってだいたい知っているけど、まじまじと見ないので

拡大されたマークを見たら、かなり新鮮だった。

ミスタードーナッツとか。森永とか。面白かった。




でも、同じ企業を選んで来てる学生が複数いたのにマークが全然違う。

比率もバランスも違う。

なんでかと聞いたら、トレースせず、見て描いたとの事。。。

そんな学生がかなりいた。

トレースも説明したのに。

携帯の画面を見ながら描いたという学生にも愕然。。。

関東に住んでないのにネットであったからと言って東京電力とかやるなよ。。。とか。





そういうわけで、トレースしても、全くトレースしている意味を無視して、

イラストみたいなマーク描いてくる学生も少なからず。。。

念を押して説明したつもりでしたが。。。

年々、自分のやっていることに疑問を持たない学生が増えている気がする。

ゆとり教育の影響と言って片付けれない、深刻な問題だと思う。




出来る学生と出来ない学生の差は小さくなっている。

でも、上位のレベルは下がっているような気がする。

今年は10点満点は該当無しにした。

去年はいた。



まぁ、一回目の課題だけの判断だから。

でも、毎年ここを比べるとその学年の傾向がわかりやすいような気がする。
[PR]
by masahiro-minami | 2010-04-17 10:46 | graphic

生活造形基礎

今日は、生活造形基礎演習の第一回目の授業。

信楽でオリエン行かなかったので、一回生と会うのは今日が初めて。

一回生の最初の授業ほど緊張するものはない。

女子高生相手にやるのと全く同じだから。

今年は男子が一人だけ。

完全に女子大でしょう。




しょっぱなから三人欠席。こういうのは初めてだ。

でも、最近、ため口で話してくる学生は減ってるように思う。

いままで、私が、若く見られすぎてきたためか。

ちょっと老けたからか。

あるいは、学生がきちんとした学生が増えたからか。

よくわからないが。。。




今年は、70歳超えの一般受講生もいる。

良い効果をもたらしてくれるといいのですが。

今年の課題はかなりハードにする予定。

最初が楽だと、後から担当する他の先生が大変だからね。
[PR]
by masahiro-minami | 2010-04-09 23:17 | education

道具演習

今日は、道具演習第一回授業。

いつもながらの印○先生のワンマントークであるが、

いつもながら、その知識量と話の途切れなさに関心する。




今日はオリエンテーションだったので、

先生が、一人一人にどういう分野に進みたいかいつものアンケートを書かせたんだけれども、

一人一人何を考えているのか時間をかけて長々と紹介したのはたいへん良かったように思う。




学生が印○先生の話の何割を理解できているかは甚だ疑問ではあるが、

わからないながらでも、いろいろなデザイナーや社会の仕組みの話を聞いて、

自分は何も知らないなぁと思うだけでも十分聞く価値はあったように思う。

こういうわからなかった事を全部メモして調べる人は凄いことになるでしょう。

でも、私もできません(笑)




アンケートはどういう分野に興味があり、どういう人や企業に注目しているか書かせるような内容である。



それにしても、今までは、結構、私が知らないようなデザイナーやブランド名だとか、

いろいろ書く学生がいて、こっちも焦るようなことが多かったけど。

今年の新2回生は「勉強不足で…。」

などと言いながら何も書かない学生が多かったことは大変不安に思う。

1年何をやってきたんだと思うと同時に、

興味を持たせるところまで、教員がリカバーしないといけない状況なのかと愕然とする。

書いている内容も無印、ユニクロ、inobun、ニトリ、IKEAなどが多かった。

デザインの現場も休刊してしまう、悲しい時代の現れか。



自分に好きなデザイナーや事、物があるのは、この年ではとても重要な事だ。

何も知らない。そして、興味も無い。

高校生と変わらない自分を大学でずっとやってたって、しょうがない。



影響されて、されまくって、そこからいかに自分を引き離して行くかが勉強であって、

誰にも影響されない。他人の作品なんか興味ない。

そんな雰囲気も少し感じるのは大きな不安要素だ。

なにより、1年やったくらいで自分には向いてないとか言い出している。

高校まで自分に自信があった人にこういうのが多い。

そんなんで何にもなれるはずが無い。

自信なんてものは考える必要も無い。

自信なんてものを基準に行動したってろくなことにはならないのだ。




自信なんかないさ。

でもそれで良いんだ。と、

開き直ってやってる人のほうがずっと良いものを作るでしょう。

自分なんて、自分が思っている通りの存在なんだから。
[PR]
by masahiro-minami | 2010-04-07 22:54 | education

プレゼミ

今日から授業が始まった。

今日は、プレゼミ。

今年は希望者少ない!?




ゼミ選びは大切。

どこのゼミに行くか。

それで人生変わる。



っていうのは嘘で、

人生は自分で切り開くものだ。




私が思うに、この人だったら何言われてもついていけるって人につくのが最も良いのだ。

私は、学生のころ、そうやって先生を選んで間違ってなかったのだ。

頭で考えない。

そこの空気を吸えば一瞬でわかるでしょう。




研究分野なんかどうでも良いのだ。




その先生のやってることをどう自分のなかで展開し、昇華させるかのほうが大事だ。

そっちのほうがずっと可能性があるではないか。

すでにある。決まりきっている。

そんなのは何も面白くない。

人気のないゼミを、自分の力で人気のあるゼミに変えてやればいいのだ。

先生ですら気がつかない魅力を引き出すのである。

真のクリエイションはそういうところにある。

ゼミは先生で決まるのではない。





でも、それはどこに行ったってそうだ。
[PR]
by masahiro-minami | 2010-04-06 19:49 | education