Minami Laboratory

<   2010年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

提出

卒制提出終わりました。

私もいろいろ疲労困憊。。。
[PR]
by masahiro-minami | 2010-01-29 19:39 | education

抜き打ちテスト

卒制は明日が締め切りでバタバタ。もう11時だ。。。



今年の学年は、締め切り前夜だというのになんだか焦りを感じてない雰囲気。

四回生の部屋もいつもと変わらん穏やかな雰囲気。

印刷したのをパネルに貼って切るだけで3時間かけてるし、、、

みんな作業に無駄が多い。

それを無駄と思っていない感じ。

限られた時間の中で、自分の仕事を完璧でなく、妥協もいれながら、

いかに総合的にもっとも効率的に高めるか。そういう視点が抜けている。

凝るのはいいが、出来なければ意味がないでしょ。

これがゆとり世代というものか。。。






今日は担当の一回生の基礎設計製図で抜き打ちテストをした。

ここ最近、2,3回生の図面があまりにひどいからだ。

c0226072_2301948.jpg


問題は、こんな2分で出来る超簡単すぎて失礼かと思う問題。

なのに、30分かかってまだ出来ないと、一生懸命やっている。。。

どうやったら30分かけれるのか不思議。

なのに、一問ですら完全な正解者はゼロ。

全員採点不能。

わけのわからん解答のオンパレード。

ひどすぎる。。。

いままであれだけ、時間をかけて苦しんで苦しんで製図の課題をやっておいて、

この程度の問題も解けない現実。。。

課題をこなすことしか、考えが行っていないからだ。

図面を書く事への興味の欠落だろうか。

詰め込み教育のせいだろうか。。。

かっこいい図面に憧れて、良い図面を自分から書こうと思っている学生がホントいない。

図面をみればわかる。

自分が今、やっている事をどう将来活かすか。

そんなことをまったく考えないで受動的にやらされてやっているからだと思う。

いかに楽して課題をするか。

図面を入れないと怒られるからとりあえず書かれる図面。




本当に考えさせられる今日の抜き打ちテスト。

本当にショッキングである。

教員側も、身に付いてないことを「教えた」とは言えない時代。

これから、頻繁に抜き打ちテストをしようかな。

問題つくるの大変だけど。




やる事山積みでちょっとまいる。。。
[PR]
by masahiro-minami | 2010-01-28 23:12 | education

カメラの原寸大での彫塑

冬休みの宿題課題「カメラの原寸大彫塑」

今日が発表の日でした。

なかなかの出来映えのものが多く、見応え十分でした。

学生はブロンズ粘土と格闘し、大変だったようですが、今年の学年はタフかも。

作っているうちに愛着が湧いてくるものです。

c0226072_17293158.jpg


実物と並べてみると面白い。

ふだん、こういったプロダクトのディテールなんか見ているようで見ていないので、

一度、原寸で再現するとすごくディテールに気がいくようになると思います。

c0226072_17294196.jpg


c0226072_17295177.jpg


c0226072_1730138.jpg


最後は、各自で値段をつけさせました。

売るとしたらいくらで売りたいか?

こういうことを考えるのも大事だと思います。

値段を考えるっていうのは。

一生懸命つくったからって、高いと売れない。

チープな出来映えでも、この値段ならと考える。

自分を客観的に評価するにはこういった発想が大事だと思います。




ついた値段は、200円から10,000円まで様々な価格。

そんな安くていいの?というような値段も。。。

そして、実際にD2棟1階のガラスケースに展示しながら販売中です。

A先生は早速5つを注文。

希望者多数の作品は抽選です。

2/15まで購入希望募集中です。

購入希望のあった作品にはシールでも貼っていこうかしら。

c0226072_17301340.jpg


ガラスケースはなかなか壮観。
[PR]
by masahiro-minami | 2010-01-22 17:39 | product

卒業制作

卒業制作も残す所、あと一週間。

建築・空間班は苦戦。。。

作っているものに愛着が出てきて妥協ができなくなる。

でも、トータルバランスが大事。

未完成の部分を残さない。

広く、まんべんなく仕上げるコントロールが必要。



プロダクト班はまとまってきた。

照明も根性でまとめてきた。



昨日は深夜に、家具が届いた。

これは、自分でも娘に買ってやりたい。

そう思える家具だ。

ほんと、子供が喜ぶ事、間違い無しである。

スケール感もいい。

実現可能性も十分にある。

引手にこだわって、ダメと言い続けた甲斐があったか。

c0226072_19233068.jpg

[PR]
by masahiro-minami | 2010-01-21 19:20 | education

売る

私は、課題で実際に売るものを作っても良いんじゃないかと思っています。

むしろデザインより売り方を考えることは大事です。

デザインだけやらせたって、みんなデザインが自分から離れてしまうから。

デザインてこういうものだという考えで作るからです。

実際、自分がものを買うときの視点が抜けてるのです。

だから、自分が作ったものに値段をつける。

それを実際に売ってみる。

そういうデザインとはまた違った視点はとても大事だと思います。

自分では買わないよな。と思うようなものを作ってはいけないですからね。

そして、半ば諦めて仕方なしに課題をやってくる人を減らしたいわけです。

そういう作品を見るのが一番嫌なもんです。

実際に売るとなるとそうはいかないでしょう。

冬休みの宿題だった課題はちょっと売ってみようかと思います。

出来映えが良ければですけどね。

ちょと、ひそかに期待してるんです。
[PR]
by masahiro-minami | 2010-01-19 23:24 | education

プレゼンテーション

よく学生が聞きにくる質問に、

「良いプレゼンボードの参考になる本を貸して下さい。」

があります。

でも、これはない。

私も学生時代はそら探しました。

でも、ない。(あるのかもしれないけど)




でも、いろいろな本が出ていて、それらはみなグラフィックデザイナー、

エディトリアルデザイナーがやってるわけですから、

そこらにある本を手に取れば、プレゼンボードのレイアウトはわかると思います。





模型写真のせて、図面のせて、コンセプト、タイトル。はい。終わり。

終わらないで下さい。

プレゼンには発想が必要だということに気がついてないのです。

あと、一番大事なのは、いわゆる「思いやり」が必要なのです。

初めて見た人でも、その内容がわかるように、どうしたら伝わりやすいか。

相手の気持ちになって、創った作品の気持ちになって考える事です。

そうしたら、自ずと方法が浮かんでくるはずです。

それに適した表現も考えましょう。

あと、どうしたら見栄えがするか?から発想して、描くものを考えるのも大事です。

努力してる、伝えたいと思っている。という気持ちが表出していることが大事です。

そういう風に見せる技術なのです。

私もはじめの頃は、一生懸命そうやって考えました。

だから、今見ても、昔にやったプレゼンの方が画面から緊張感がみなぎっています。

最近は、凝る暇もないので手を抜いています。(ダメなんだけど)




表現と内容は別物ではありません。

表現こそが内容です。

考えるのをやめて、こんなもんだろうと思った瞬間、成長が止まります。

今回は違う表現に挑戦しようと思い続けてやって欲しいのです。

そんなことを考え続ける中で、自分に出会うのではないでしょうか。




考えなくても、写真は撮れます。

考えなくても、ボードは作れます。

でも、考えないと、良い写真は撮れないし、良いボードは作れないのです。

考え続けましょう。













でも、あえて言うとdesignboomcompetitionのresultが参考になります。
[PR]
by masahiro-minami | 2010-01-15 12:02 | education

卒制展

卒制展のお知らせをしておきます。

広報してないからね。
他大学も私立以外はほんとしないよね。
まぁ、へんな広報するより、こういう所で書く方が効果あったりするもんで、、、

よかったら見に来て下さい。



2009年度 生活デザイン学科 卒業研究・修士研究発表展示会

◆卒業研究・修士研究展示会
[日時] 平成22年2月 3日(水)〜7日(日)土日も開催 10:00〜18:00
[場所] 交流センター ホワイエ

◆卒業制作講評会
[日時] 平成22年2月1日(月)10:00〜
[場所] 交流センター ホワイエ

◆卒業論文発表会
[日時] 平成22年2月2日(火)10:00〜
[場所] 交流センター 研修室

◆修士研究公開審査会 10:40~
[日時] 平成22年2月 9日(火)
[場所] D0棟2階会議室
[PR]
by masahiro-minami | 2010-01-09 15:22 | education

取材

今日はTVの取材が来た。

専門用語が飛び交う。



たった、3分の放送なのに、

6時間の取材。

終わったら7時。

お疲れさまです。

TV番組作るのってこんな大変なんだと思い知る。



頭の回転が早くないので、なかなか噛み合ない場面も。。。

キャスターさんの質問に「キョトン」と。。。

いろいろしゃべったけど、ほとんどカットなんだろうな。
[PR]
by masahiro-minami | 2010-01-08 20:04 | life