Minami Laboratory

<   2009年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

coffee maker

c0226072_16474247.jpg


無印で買った旧型コーヒーメーカーです。

現品限りで定価の半額くらいでした。

デザインはサム・ヘクトだったと思います。

コーヒーメーカーというものを生まれて初めて買ったかも。

ドリッパーで入れるより熱く、濃く抽出できるのはやはり良いです。
(ポットの温度の問題なのですが。。。)

横にある、コーヒーミルもリサイクルショップでめちゃ安く買いました。




本当は、Rowentaのジャスパーモリソンデザインのものが欲しかったのですが、

c0226072_1793157.jpg


3万円近くする上に、ためらっているうちに生産終了になりました。

それに比べたら買った物は、10分の1以下の値段です。

それにしても、これだけ素晴らしいデザインのものは売れ行きも悪くはないと勝手に想像します。

あるレビューではコーヒーも素晴らしい出来あがりだそうです。

どうして生産中止にするのでしょうかね。

値段が高くて売れないのでしょうかね?

これ以上のデザインは考えられないくらい、完璧なデザインだと思います。

私なんかは現物を前にうっとりしてしまいます。

良い製品でも、デザイン家電はこういう宿命を常に負っていますね。

スーパーデザイナーに頼むデザイン料もとても高いでしょうに。

性能が劇的に変化するプロダクトならまだしも、

コーヒーメーカーがそんなに進化していくとは考えにくいですけどね。
[PR]
by masahiro-minami | 2009-11-14 17:03 | life

13日の金曜日は誕生日

11月13日は31歳の誕生日でした。

c0226072_169448.jpg


ゼミ生に、プレゼントもらいました。

なにやら凝った容れ物は紙製で前から知ってましたけど、自分では買えなかった一品です。

なかなかやるな。

c0226072_1695577.jpg


中には芋焼酎「小川の干し芋」

なにやら、干し芋で作った芋焼酎らしいです。

水割りに合う焼酎は?と聞いたら出てきたらしい。

水割りをよく飲んでるのがバレてました。





そんな誕生日に自分で自分に何を買おうかと、

思いたってシャツを買いました。

四番町スクエアにあるcommunさんです。

1万3000円のシャツなんか生まれて初めて買ったかも。

その場で作っている、作り手の思いの入ったシャツですから。そのくらいするでしょう。

大量生産ではない、大手メーカーでない、こういった細々ながらも、

確実なものづくりしている個人にお金を使わないといけないなぁと思っているのです。

その方が、社会が良くなるのです。

値段を叩いて安く買うということは、回り回って、自分にも返って来るのです。
[PR]
by masahiro-minami | 2009-11-14 16:28 | life

egg drop contest 2009

今年もやりました。egg drop

4回目くらいになりマンネリ化してきた気がしましたが、

今年は、なかなか新しい発想で取り組まれた作品が多く、面白かったです。

ゆとり世代パワーは発想という側面では強いかもしれないです。

こんなやり方があったか。と思うような斬新な案がいくつもありました。

しかし、そんな中、オーソドックスでは語れない完成度の高さと、造形レベルの高さと、落下時の美しい回転とゆったりとした下降を見せてくれた案がグランプリとなりました。

トータルバランスの高さは際だっていました。

c0226072_1637368.jpg


c0226072_16374651.jpg


恒例のゆで卵。

c0226072_16375523.jpg


うまい。
[PR]
by masahiro-minami | 2009-11-13 16:45 | education

若沖

今日は、午後からゼミ生と8人で弾丸ツアー。

i-beansでコーヒー豆購入。

ブルーメの丘で作品搬出。

MIHO MUSEUMで若沖ワンダーランド。

陶芸の森で魯山人展。

awa-isa cafeで作品入れ替え。

世界一不味いHARIBOに絶句。。。

nicoの店長も働いていた、天下ご麺で絶品ラーメン。

無印でサムヘクトのコーヒーメーカーを定価の半額程度でゲット。

ほんま、長距離運転してくれた二人お疲れさん。

c0226072_16333845.jpg



若沖ワンダーランドにはシビレタ。

若沖はほんますごい。あの象はほんますごい。

ユーモアある圧倒感。ほんまに圧倒された。

全てを極めた者が踏み入れた世界を感じる。

あっぱれ。
[PR]
by masahiro-minami | 2009-11-12 23:22 | design

Ottagono

c0226072_19191220.jpg


Ottagonoに掲載され てました。

知らぬ間に。

昨年のTokyo Designers Weekの記事です。

イタリアから取り寄せたら5000円しました。。。(汗)

イタリアでは1000円です。

つばさ洋書さん、久しぶりに来られました。

amazonに駆逐されそうな洋書屋さん。

つらいだろうなぁ。

私の財布もつらいなぁ。
[PR]
by masahiro-minami | 2009-11-11 19:21 | design

工場見学

c0226072_18375557.jpg


今日は、近所の建具屋さんに工場見学に。

総勢8人で。

みんな行きたいのはわかるが、私は、こんな大人数を連れて行くのはホントに好きじゃない。

ご飯食べるにも、ばらけてしまうし、なんか一体感が保てないからだ。

自分を入れて5人くらいがちょうどいい。
[PR]
by masahiro-minami | 2009-11-10 18:51 | design

SECOM

今日は、カンブリア宮殿でSECOMの社長がでてました。

SECOMといえば防犯の会社かと思いきや、

在宅看護、ロボット開発、有料老人ホーム、刑務所の運営、サーバー管理まで。

守るという意味がここまで広いのかと、そのクリエイティブな新規事業は圧巻でした。

有名サイト?のサーバーもこんなところで厳重に管理されているんだと、

その「守ること」の幅の広さに驚きました。

災害が起きたときに、どれだけ速く復活できるかが鍵となったら、

そういう専門の場所にある方がいいですよね。




神戸にある有料老人ホーム「コンフォートヒルズ六甲」。

ぱっと見て、安藤忠雄の六甲の集合住宅の第四期工事とそっくりだなと思ったら、そうだったんですね。

日本初の病院一体型老人ホーム。

集合住宅に間違いはないけど、規模が大きなぁと思っていたらそういう事だったんですね。

安心、安全。誰しもが食べ物と同じように求めるのだから、

これから、「守る」ことの需要はつきることはないでしょうし、

「守る」内容も世界の変化にあわせて次々と変化していくのでしょう。



これだけやってればいつまでも安泰というのはない今の時代。

SECOMの攻めの姿勢は見習わなければいけませんね。

たぶん、放送できないもっとすごいことも他にたくさんやっていそうな気がしました。
[PR]
by masahiro-minami | 2009-11-09 23:26 | life

大家さん

今日はテレビである大家さんを取り上げていた。

複数の物件を持つスーパー大家さんなのだ。

空き部屋をなくし、収入がたくさんある。




何をしているかというと。

大学の近くのマンションは学生マンションに変更する。

学生マンションには家電をあらかじめ備え付けたり、学生にとって喜ばしいことをする。

管理会社に任せず、自分で住人のクレーム対応などのやり取りをする。

苦情の電話がかかって来たらチャンスだと思う。

建物の掃除も自分で全てし、住人とのコミュニケーションをとる。

掃除をしていると建物の状態もわかるし、いろいろな事がわかる。

大家さんは頑張っていると思ってもらうと、信用され長く住んでもらえる。

などだ。



大家さんなんて、楽してお金をもらえる仕事と思いがち。

大家さんは大変だけれど、楽しいと言っていた言葉が印象的だ。



確かに、いつも挨拶してくれるいい大家さんがいると、

家賃を滞納なんて申し訳ないと思ってしまうし、

汚くすると悪いと思ってしまう。



この大家さんは、他のことをしていても成功していただろうとコメントされていた。



そうだろうな。

それだけ、相手の立場に立っていろいろ考えられる人は何をしてもうまく行く。

逆に、そういう想像力が働かない人は、何をやってもダメなんだろう。



一見、無駄とも思える事。目につかないだろうと思えてしまうような、些細なことも気を抜かないことが大きな違いになるのだろう。

それだけ、自分の足下が大事ということだなぁ。
[PR]
by masahiro-minami | 2009-11-08 22:39 | education

Cono Sur

c0226072_2117952.jpg


自転車がトレードマークのCono Sur(コノスル)というワイン。

これが、安くて美味しいんだなぁ。

900円くらいの物なんだけど。

酒屋でも近所ではあんまり売ってないけど、

なぜか近所のサークルKには売っている。

チリ産は値段と比べワンランク上の味は本当。
[PR]
by masahiro-minami | 2009-11-07 21:20 | life

恐怖の階段

c0226072_21405623.jpg


この写真はフォトショで加工したものでも、バーチャルワールドだけに存在する建物なんかでもありませんよ。れっきとしたスイスの町に完成した議事堂なんですけど、アーティストの斬新なデザインを採用して、こんな恐怖の階段を伝ってフロア間の移動を行う設計になっているんだそうです。もう見事な眺めでしょうね!(GIZMODE JAPANより)


素敵すぎる☆

なんでも安全だとか言い過ぎて、公共空間は全然面白くない場所になっています。

公園のブランコまで危ないとして使えなくしていたりするのは、ちょっとおかしいのでは。。。

実際に使う使わない、

いや、使える使えないを別として、

こんなことができるその精神的「ゆとり」に拍手を送りたいです。

建築でもこんな夢があるってことを気づかせてくれる。




と、思いきや、アートらしきコメントも。。。

いや、それでも拍手だ。
[PR]
by masahiro-minami | 2009-11-05 21:40 | architecture