Minami Laboratory

カテゴリ:education( 41 )

道具演習

今日は、道具演習第一回授業。

いつもながらの印○先生のワンマントークであるが、

いつもながら、その知識量と話の途切れなさに関心する。




今日はオリエンテーションだったので、

先生が、一人一人にどういう分野に進みたいかいつものアンケートを書かせたんだけれども、

一人一人何を考えているのか時間をかけて長々と紹介したのはたいへん良かったように思う。




学生が印○先生の話の何割を理解できているかは甚だ疑問ではあるが、

わからないながらでも、いろいろなデザイナーや社会の仕組みの話を聞いて、

自分は何も知らないなぁと思うだけでも十分聞く価値はあったように思う。

こういうわからなかった事を全部メモして調べる人は凄いことになるでしょう。

でも、私もできません(笑)




アンケートはどういう分野に興味があり、どういう人や企業に注目しているか書かせるような内容である。



それにしても、今までは、結構、私が知らないようなデザイナーやブランド名だとか、

いろいろ書く学生がいて、こっちも焦るようなことが多かったけど。

今年の新2回生は「勉強不足で…。」

などと言いながら何も書かない学生が多かったことは大変不安に思う。

1年何をやってきたんだと思うと同時に、

興味を持たせるところまで、教員がリカバーしないといけない状況なのかと愕然とする。

書いている内容も無印、ユニクロ、inobun、ニトリ、IKEAなどが多かった。

デザインの現場も休刊してしまう、悲しい時代の現れか。



自分に好きなデザイナーや事、物があるのは、この年ではとても重要な事だ。

何も知らない。そして、興味も無い。

高校生と変わらない自分を大学でずっとやってたって、しょうがない。



影響されて、されまくって、そこからいかに自分を引き離して行くかが勉強であって、

誰にも影響されない。他人の作品なんか興味ない。

そんな雰囲気も少し感じるのは大きな不安要素だ。

なにより、1年やったくらいで自分には向いてないとか言い出している。

高校まで自分に自信があった人にこういうのが多い。

そんなんで何にもなれるはずが無い。

自信なんてものは考える必要も無い。

自信なんてものを基準に行動したってろくなことにはならないのだ。




自信なんかないさ。

でもそれで良いんだ。と、

開き直ってやってる人のほうがずっと良いものを作るでしょう。

自分なんて、自分が思っている通りの存在なんだから。
[PR]
by masahiro-minami | 2010-04-07 22:54 | education

プレゼミ

今日から授業が始まった。

今日は、プレゼミ。

今年は希望者少ない!?




ゼミ選びは大切。

どこのゼミに行くか。

それで人生変わる。



っていうのは嘘で、

人生は自分で切り開くものだ。




私が思うに、この人だったら何言われてもついていけるって人につくのが最も良いのだ。

私は、学生のころ、そうやって先生を選んで間違ってなかったのだ。

頭で考えない。

そこの空気を吸えば一瞬でわかるでしょう。




研究分野なんかどうでも良いのだ。




その先生のやってることをどう自分のなかで展開し、昇華させるかのほうが大事だ。

そっちのほうがずっと可能性があるではないか。

すでにある。決まりきっている。

そんなのは何も面白くない。

人気のないゼミを、自分の力で人気のあるゼミに変えてやればいいのだ。

先生ですら気がつかない魅力を引き出すのである。

真のクリエイションはそういうところにある。

ゼミは先生で決まるのではない。





でも、それはどこに行ったってそうだ。
[PR]
by masahiro-minami | 2010-04-06 19:49 | education

商品化

卒業生の一人が最後にまた、お酒と土産を持って来てくれた。

そんなのいいのに。と思ってしまうが、



彼女は、本当にいい子だ。

控えめすぎるあまり、シュウカツもうまくいかなかったが。



卒制の打合せ中も、彼女は、自分のせいで時間を割いてもらっていると思って、

バイトがあることは言わない。

だから、バイトに遅れるんだが。

私ですら、言えばいいのにと思う。



今は、バイトがあるといって途中で平気で帰る学生が大半だ。

まぁ、こっちも慣れてしまっているが、

人より、お金 なのである。

大学<バイト なのである。

それは当然という空気がある。

でも、それは、なんか、日本人が無くしてしまったもののような気もするのだ。

華やかな外観とかでなく、じーんと滲みるような地味さ。




卒制でもお世話になった専務さんも、いまどきあんな学生はいないでしょう。と。

滋賀を離れる前に、わざわざ挨拶に伺う姿勢。

本当に、足しげく遠くまで通い続けた。




そんな彼女の卒制の商品化が決まった。

ロイヤリティ契約もちゃんとしてくれる。

私は、「だから」 商品化につながるのだと思う。

もちろん、作品も良かったのには違いないが、

でも、いい作品を作るためには、日々の積み重ねやと思う。

誰にでもできる簡単なことが一番難しいですから。




卒制も商品化していけるような内容にしないと。
[PR]
by masahiro-minami | 2010-03-25 10:49 | education

春休み

大学は、春休みなので、書く事ありません。

しばらくこちらをご覧ください。

続くのでしょうか?

こっちのブログ。。。

アクセス数も見事に半分以下だしなぁ。

閉鎖の危機?
[PR]
by masahiro-minami | 2010-03-15 23:46 | education

inhabitots

c0226072_23472247.jpg


江口さんの卒業制作 SUMICA がinhabitotsに掲載されました。

子供向けの商品を紹介する海外の有名サイトです。

The University of Shiga Prefectureもちゃんと紹介していただいてます。

私が、シロクマとグリズリーの木馬を作って以来、何もつくっていないのは教育に専念していたためである。とあります。

イエス! 間違ってない!!!
[PR]
by masahiro-minami | 2010-02-23 23:52 | education

3回生 発表会

今日は、学科始まって以来の三回生発表会。

三回生ゼミで何をしたのかを発表するというもの。




うちのゼミはワールドのコンペ。

1つのコンペに4ヶ月以上かけてます。

全員で1つのものをやるのなら楽なんだけど、

6人各自で1作品ずつは、指導もかなりしんどいです。

「もう、来年はやらない。」と何度思った事か。。。

その方が、競争できるので一人一人の成長は大きなものです。

うちの学科は三分野あって、それぞれやっている事の差がありすぎて、評価が難しく、

競争にならないのが欠点だと私は思います。

競争にならないから、友達同士で褒め合いです。

ゼミ生同士で競い合って欲しい。

競争しないと見えない世界があると思います。

c0226072_1923244.jpg


自分で言って、自分で笑うIさん。そうとうにハマってます。



c0226072_1921831.jpg


一夜にしてガンダムが☆ピョン様☆に。

c0226072_19241581.jpg


2年ぶりにD3棟の1階に展示しました。

見に来てチョンマゲ。
[PR]
by masahiro-minami | 2010-02-23 19:26 | education

student work 2009

今年の南ゼミの卒業制作です。

プロダクト 2点

建築空間  2点

自動車?  1点


美濃和紙を活かした照明のデザイン 千田亜沙子 Asako Chida
c0226072_18484578.jpg

c0226072_18505888.jpg

c0226072_1851813.jpg

c0226072_18511793.jpg




子育てから考える収納のデザイン 江口倫子 Michiko Eguchi
c0226072_18515562.jpg

c0226072_18524331.jpg

c0226072_18525028.jpg

c0226072_1853119.jpg




子供のための図書館のデザイン 近藤茉莉 Mari Kondo
c0226072_18534630.jpg

c0226072_18535573.jpg

c0226072_1854453.jpg

c0226072_1854157.jpg

c0226072_18542273.jpg




安らかな葬送のための斎場システムの提案 福永修子 Shuko Fukunaga
c0226072_18551474.jpg

c0226072_1855710.jpg

c0226072_18552464.jpg

c0226072_18553536.jpg




モービル酒場の可能性 谷口和泉 Izumi Taniguchi
c0226072_18564156.jpg

c0226072_18565442.jpg

c0226072_1857281.jpg

c0226072_18571038.jpg

[PR]
by masahiro-minami | 2010-02-08 19:00 | education

spoon&tamago

c0226072_12134719.jpg


江口さんの卒制作品をspoon & tamagoに取り上げていただきました。

うちの娘の後ろ姿も、海外デビューです。

編集者のジョニーさんは時々、私のブログ(Design note)を見て勝手に取り上げてくれます☆

載せてくれるってわかってたらもっとちゃんと掲載したのに。。。

c0226072_12275056.jpg


この収納は、上が机と椅子に分離する優れものです。

c0226072_1228442.jpg


うちの子供に見せたら、遊ぶ遊ぶ。

c0226072_12281524.jpg


引き出しは、冷蔵庫、ガスコンロ、電子レンジをモチーフにしてます。

鍵を使わないとあかない引き出しもあります!(娘は使わずあけちゃったけど。。。)

天板には、ガスレンジ、まな板とシンクとしても使える工夫があります。




卒制の作品も、学内で終わるんじゃなくて、いろんなところへ発信しなければいけません。

評価なんて水ものですから。その場の流れでいかようにでもなってしまいます。

胸を張れる良い物なんだから、このままお蔵入りするにはもったいないです。

こうやって、海外ブログに載って、何も「ない」とは思いますが、、、

ひょっとしたら、何かあるかもしれません。

何もしなければ何も起こりません。
[PR]
by masahiro-minami | 2010-02-03 12:21 | education

講評会

卒制の講評会と合否判定会義が終わりました。

毎年、一年で、最も嫌な日です。。。

この日はこの学科の行く末を最高に不安に思ってしまう

そして、自分自身の将来を不安に思ってしまう一日であります。




JAL再建は京セラ、KDDIの稲森さんがされるそうで、

78歳にしてそれだけのことをできる力にはすごい勇気をもらいます。

稲森さんならきっとやってくれます。

そう誰からも思われる稲森さんはすごいです。




昔、稲森さんの「生き方」という本を読みました。

でも、忘れました。。。

人間には「忘れる」という素晴らしい能力があります。

また、読みます。
[PR]
by masahiro-minami | 2010-02-02 19:33 | education

提出

卒制提出終わりました。

私もいろいろ疲労困憊。。。
[PR]
by masahiro-minami | 2010-01-29 19:39 | education