Minami Laboratory

抜き打ちテスト

卒制は明日が締め切りでバタバタ。もう11時だ。。。



今年の学年は、締め切り前夜だというのになんだか焦りを感じてない雰囲気。

四回生の部屋もいつもと変わらん穏やかな雰囲気。

印刷したのをパネルに貼って切るだけで3時間かけてるし、、、

みんな作業に無駄が多い。

それを無駄と思っていない感じ。

限られた時間の中で、自分の仕事を完璧でなく、妥協もいれながら、

いかに総合的にもっとも効率的に高めるか。そういう視点が抜けている。

凝るのはいいが、出来なければ意味がないでしょ。

これがゆとり世代というものか。。。






今日は担当の一回生の基礎設計製図で抜き打ちテストをした。

ここ最近、2,3回生の図面があまりにひどいからだ。

c0226072_2301948.jpg


問題は、こんな2分で出来る超簡単すぎて失礼かと思う問題。

なのに、30分かかってまだ出来ないと、一生懸命やっている。。。

どうやったら30分かけれるのか不思議。

なのに、一問ですら完全な正解者はゼロ。

全員採点不能。

わけのわからん解答のオンパレード。

ひどすぎる。。。

いままであれだけ、時間をかけて苦しんで苦しんで製図の課題をやっておいて、

この程度の問題も解けない現実。。。

課題をこなすことしか、考えが行っていないからだ。

図面を書く事への興味の欠落だろうか。

詰め込み教育のせいだろうか。。。

かっこいい図面に憧れて、良い図面を自分から書こうと思っている学生がホントいない。

図面をみればわかる。

自分が今、やっている事をどう将来活かすか。

そんなことをまったく考えないで受動的にやらされてやっているからだと思う。

いかに楽して課題をするか。

図面を入れないと怒られるからとりあえず書かれる図面。




本当に考えさせられる今日の抜き打ちテスト。

本当にショッキングである。

教員側も、身に付いてないことを「教えた」とは言えない時代。

これから、頻繁に抜き打ちテストをしようかな。

問題つくるの大変だけど。




やる事山積みでちょっとまいる。。。
[PR]
by masahiro-minami | 2010-01-28 23:12 | education