Minami Laboratory

デジカメ

今日の生活造形基礎演習は12月最後。

今日の課題では、はじめて即日設計課題をやったのです。

課題内容はデジタルカメラのデザインです。

液晶のサイズは3.0型と指定し、ボタン配置は自由。

コンセプト、ダイアグラム、タイトル、図面などは適せん考えるという内容で三時間の集中!

たまにはこういった試験のような緊張感のある課題が必要です。

このような試験をすると事前に言ったら、五分以上遅刻する学生は見事に一人だった。。。

どれだけ、普段の出席態度に緊張感がないかバレバレである。




今回は、感動するほどの作品には一つも出会えなかったが、

思ったより、的外れなのは少なかった。

学生の均質化は垣間みれたかなぁ。

しかし、学生それぞれ疲弊したと思います。

決まった時間で結果を出す。これは難しいがデザインをやって行く上で必要なことです。




今回の即日設計で、自分がカメラのデザインを全く見ていないことを十分に知った上で、

次の、冬休みの宿題で、ブロンズ粘土で、カメラの原寸大彫塑を出題したのです。

そうすることで、よりデザインの構成や面の構成、立体構成への理解が深まるのですね。




上級生からは、課題内容が毎年良くなるので常にブーイングです。。。

今年の一回生はついている!

でも、それは毎年進化して、ついている!のです。
[PR]
by masahiro-minami | 2009-12-19 01:31 | education