Minami Laboratory

coffee maker

c0226072_16474247.jpg


無印で買った旧型コーヒーメーカーです。

現品限りで定価の半額くらいでした。

デザインはサム・ヘクトだったと思います。

コーヒーメーカーというものを生まれて初めて買ったかも。

ドリッパーで入れるより熱く、濃く抽出できるのはやはり良いです。
(ポットの温度の問題なのですが。。。)

横にある、コーヒーミルもリサイクルショップでめちゃ安く買いました。




本当は、Rowentaのジャスパーモリソンデザインのものが欲しかったのですが、

c0226072_1793157.jpg


3万円近くする上に、ためらっているうちに生産終了になりました。

それに比べたら買った物は、10分の1以下の値段です。

それにしても、これだけ素晴らしいデザインのものは売れ行きも悪くはないと勝手に想像します。

あるレビューではコーヒーも素晴らしい出来あがりだそうです。

どうして生産中止にするのでしょうかね。

値段が高くて売れないのでしょうかね?

これ以上のデザインは考えられないくらい、完璧なデザインだと思います。

私なんかは現物を前にうっとりしてしまいます。

良い製品でも、デザイン家電はこういう宿命を常に負っていますね。

スーパーデザイナーに頼むデザイン料もとても高いでしょうに。

性能が劇的に変化するプロダクトならまだしも、

コーヒーメーカーがそんなに進化していくとは考えにくいですけどね。
[PR]
by masahiro-minami | 2009-11-14 17:03 | life