Minami Laboratory

SECOM

今日は、カンブリア宮殿でSECOMの社長がでてました。

SECOMといえば防犯の会社かと思いきや、

在宅看護、ロボット開発、有料老人ホーム、刑務所の運営、サーバー管理まで。

守るという意味がここまで広いのかと、そのクリエイティブな新規事業は圧巻でした。

有名サイト?のサーバーもこんなところで厳重に管理されているんだと、

その「守ること」の幅の広さに驚きました。

災害が起きたときに、どれだけ速く復活できるかが鍵となったら、

そういう専門の場所にある方がいいですよね。




神戸にある有料老人ホーム「コンフォートヒルズ六甲」。

ぱっと見て、安藤忠雄の六甲の集合住宅の第四期工事とそっくりだなと思ったら、そうだったんですね。

日本初の病院一体型老人ホーム。

集合住宅に間違いはないけど、規模が大きなぁと思っていたらそういう事だったんですね。

安心、安全。誰しもが食べ物と同じように求めるのだから、

これから、「守る」ことの需要はつきることはないでしょうし、

「守る」内容も世界の変化にあわせて次々と変化していくのでしょう。



これだけやってればいつまでも安泰というのはない今の時代。

SECOMの攻めの姿勢は見習わなければいけませんね。

たぶん、放送できないもっとすごいことも他にたくさんやっていそうな気がしました。
[PR]
by masahiro-minami | 2009-11-09 23:26 | life